毎日が試乗会(定休日除く)。KTMの魅力を実際に乗ってみて是非体感ください。

試乗車モデル

1290SUPER ADVENTURE S

コーナーを曲がるたびに、新しい冒険が広がっていく。100km、200kmという単位で足を伸ばす旅に威力を発揮するクルーズコントロール。距離を表示するのは、6.5インチのTFTディスプレイ。オプションのクイックシフター+(クイックなシフトアップ&ダウンを可能にする機能)や、ヒルホールドコントロール(坂道発進のアシスト機能)、モータースリップレギュレーション(滑りやすい路面でも安定した走行を可能にする機能)を装着すれば、今すぐ冒険の旅が始まります!

390DUKE

あらゆるコーナーをロケットのような加速で脱出。アグレッシブルなオールラウウンダー、390DUKE。ライド・バイ・ワイヤを採用したフューエルインジェクションシステムにより、ライダーの意思に忠実な反応、よりシャープなコーナリングを実現しています。この”コーナーロケット”には、斬新なデザインのLEDヘッドライト、そして機能的なカラーTFTディスプレイも新採用しました。

390DUKE

ファンライディングと何か、優れたスポーツバイクとは何か。KTMの野心的かつ革新的な回答がKTM390DUKE。DLCコートされたロッカーアームをもつDOHC4バルブシリンダーヘッドに、ニカシルコートシリンダー、鍛造ピストンを組み合わせて32kW/8500RPMを実現。そのエンジンをスリムかつコンパクトなシャシーに搭載、140kgを切る超ライトウェイト・シングルスポーツが誕生しました。

250DUKE

日本のあらゆる道を楽しみ尽くせる全ての要素を備えたネイキッドが250DUKEです。31HPを発揮する水冷4ストロークDOHC4バルブエンジンには、快適なクルージングを可能とするカウンターバランサーシャフトを採用しており、ストリートからサーキットまで、すべてのフィールドでレーシングシーンからのフィードバックを感じ取ることができます。

125DUKE

DUKEライダーになるための、登竜門。2013年に初めてABSが125に標準装備されましたが、現在はLEDヘッドライド、TFTディスプレイ、オプションの統合された接続性が搭載されています。そのうえ、フューエルインジェクションシステムおよび6速トランスミッションを持つ、洗練された4ストローク単シリンダーにより、クラス最高のパフォーマンスを実現しています。

RC390

Moto3の血統を受け継ぐストリート・レーサー。軽くダイレクトなフィーリング、そして素早いレスポンスを備えたRC390は、新たな世界を切り拓くストリート・リーガル・スポーツです。印象的なまでのパワー・ウェイト・レシオは、レーシングシーンのDNAから生まれたもの。コンパクトな単気筒エンジンが鼓動を刻むたびに、その血統と伝統を体感出来るモーターサイクルです。

写真をクリックするとKTM Japanのウェブページを開きます。